銀行カードローンの審査に通るにはどうすればいい?

低金利や総量規制対象外といったメリットを持っている銀行カードローン。
その便利さゆえに人気が高く、消費者金融に比べると審査に通りにくいと言われています。
しかし、それでもここで借り入れを行いたいですよね?
この審査に通るにはどうすればいいのでしょうか?


銀行カードローンを利用したいなら、正社員で安定した収入を持っていることが理想

カードローンは信用のある人物にだけ利用が許されるものです。
それがどのように判断されるかというと、申込者の借り入れ件数やキャッシング履歴、勤務状況に問題がないかどうかで決められます。
この審査は厳しいので、過去の借金で債務整理を行っていないか、返済の延滞を起こしていないか、いろいろな金融機関からお金を借りすぎていないかなどは必ず「白」でないと通りません。
その上で重要になってくるのが、勤務状況です。
とにかく安定して給料をもらっているという人にしか貸したくないと金融機関側は思っているので、正社員として企業に勤めているというのが一番の理想と言えるでしょう。
さらに言えば、公務員や大企業に勤めていると信用はさらに上がります。
アルバイトやパートでもカードローンの審査に通ることはできますが、借り入れ金額が少なくなってしまうのと、正社員に比べると通過率が下がってしまうのが難点ですので注意してください。
・銀行カードローンの審査情報 → 三井住友銀行審査


審査に自信のない人は新しくできた銀行カードローンに注目しよう

これまでの話を聞いて、「もしかしたら自分は審査に通ることができないかもしれない・・・」と不安になってしまった人もいるでしょう。
そんな人は、楽天やイオンなどの新しくできた銀行に注目してみましょう。
新規のところは利用者を増やしたいと思っているので、審査が若干ゆるくなる傾向にあるのです。
通るか心配だけど、どうしてもここのカードローンを使いたい!と思うのなら、最近できたばかりのものを選んでみましょう。