銀行カードローンの審査に通るにはどうすればいい?

低金利や総量規制対象外といったメリットを持っている銀行カードローン。
その便利さゆえに人気が高く、消費者金融に比べると審査に通りにくいと言われています。
しかし、それでもここで借り入れを行いたいですよね?
この審査に通るにはどうすればいいのでしょうか?


銀行カードローンを利用したいなら、正社員で安定した収入を持っていることが理想

カードローンは信用のある人物にだけ利用が許されるものです。
それがどのように判断されるかというと、申込者の借り入れ件数やキャッシング履歴、勤務状況に問題がないかどうかで決められます。
この審査は厳しいので、過去の借金で債務整理を行っていないか、返済の延滞を起こしていないか、いろいろな金融機関からお金を借りすぎていないかなどは必ず「白」でないと通りません。
その上で重要になってくるのが、勤務状況です。
とにかく安定して給料をもらっているという人にしか貸したくないと金融機関側は思っているので、正社員として企業に勤めているというのが一番の理想と言えるでしょう。
さらに言えば、公務員や大企業に勤めていると信用はさらに上がります。
アルバイトやパートでもカードローンの審査に通ることはできますが、借り入れ金額が少なくなってしまうのと、正社員に比べると通過率が下がってしまうのが難点ですので注意してください。
・銀行カードローンの審査情報 → 三井住友銀行審査


審査に自信のない人は新しくできた銀行カードローンに注目しよう

これまでの話を聞いて、「もしかしたら自分は審査に通ることができないかもしれない・・・」と不安になってしまった人もいるでしょう。
そんな人は、楽天やイオンなどの新しくできた銀行に注目してみましょう。
新規のところは利用者を増やしたいと思っているので、審査が若干ゆるくなる傾向にあるのです。
通るか心配だけど、どうしてもここのカードローンを使いたい!と思うのなら、最近できたばかりのものを選んでみましょう。

カードローンは使いすぎないようにして

今は比較的容易にお金を借りられるようになっているから、使いすぎてしまう事に気を付けるべきでしょう。
カードローンの利用限度額いっぱいに借りている人もいるようですが、それは良くないので変えた方がいいですね。
後から自分がきちんと返済しなければいけないという事を、常に頭の中に入れておけば借り過ぎも防げるはずです。
それにあまりにも借入ばかりしていると、それが当たり前になって借金地獄に陥ってしまう可能性もありますよ。


カードローンで旅行へ行こう!

たまには、少し贅沢をして旅行に行ってみるのもいいと思いますが、どうですか?
普段頑張っている自分へのご褒美として、カードローンで少し多額借りて旅行へ行って思い出を作るのも悪くないです。
その代わり、楽しみ終わったらその返済をしていくことを忘れずしっかりしていくようにしましょう。
ですが、やっぱり最初に返済シミュレーションで今後の返済について計算して計画を立てるようにした方がいいですね。


銀行は使い勝手がいい?

消費者金融は、総量規制の対象となっているため自分の年収が少ないと借入できる金額も少なくなってしまいます。
しかし、銀行は対象外だからそれに関係なくカードローンを利用できるから、本当に心強い存在です。
普段使い慣れている銀行だからこそ、安心度があって不安を抱かずに済むのだと思います。

カードローンでお金を得ることを自分の後ろ盾に

お金があればそれだけで幸福になるかというとそうではないはずです。
いくらお金を使っても幸せに離れない人もいますし、反対にお金がなくても幸せになることはできます。
ですが、一定の幸せをキープするためには、そもそもの生活の安定を狙うためには一定のお金が必要です。お金を必要以上求めるさもしい人間になるべきではありませんが、生活水準を安定させるためにはお金を持っておくことが求められます。
そのためにあらゆる事情でお金が不足していると感じているのならぜひともカードローンでキャッシングを行いましょう。


一度カードローンの利用を覚悟したのなら

一度キャッシングというある種泥沼にはまり込んだとしたら、それを決意したのならもうそのために何ができるのかを考えた方が有益です。
カードローンでのキャッシングによって道を逸らしてしまった人も多いです。そんなお金を借り入れるというリスクの大きな行動を起こすのなら、どうしたらそれによって今より良い自分になるのか。単純に計画性を失わないこと。どこまで行けばどうなってしまうのか。この後の展開を遅くしておくこと。ですがそれも必要以上に悲観しすぎないことが大切です。ネガティブな考えはそのままネガティブな発言に繋がりゆくゆくはネガティブな行動に繋がってしまうことを、しっかりと理解しておくことが大切です。


後ろ盾としておくこと

行動を起こす時に必要になってくるのが、精神的な安心感です。
そんな安心の後ろ盾がないと、何も行動を起こすことができないのです。いつだって自分にとって一番良いと思う行動を起こしたいと思っているはず。
いつでもお金を手に入れる手段があるということ。財布の中にカードローンの利用カードを入れておくだけで、その結果が全然違うものになってくるはず。自分はこの後どうなっていくのか。どうなろうと「俺は俺だ」という事ができるか。
でもそれだけの確固たる行動を起こすにはそれを裏付けるためだけの自信が必要です。そしてそれを後押しする安心感が必要です。銀行からの借り入れなら金利が低くて安心です。

カードローンでピンチをチャンスにする

カードローンの利用目的はさまざま考えられるでしょう。
目前の生活が切羽詰まっていて、その生活の足しにするためのお金をカードローンで借りて利用するという人も多いでしょうし、どうしても欲しいものを買うため、値段の高いものを買うショッピングのお金を手に入れるため利用するというのも定番かもしれませんね。
他にも、旅行資金、けがや病気の治療するためのお金、入院費を手に入れるためのカードローン利用も十分考えられるでしょう。
ですがもし、自分のため、誰かのための投資のお金が足りない場合の利用ならどうでしょうか。


カードローンを未来のために利用する

投資といっても株など種類は多いです。誰かにお金を貸して、貸したお金が増えて帰ってくることを期待しているのも十分投資だと言えるでしょう。
もし、そのためのお金を工面するためのカードローン利用ならば、その借りたお金以上のお金を手に入れることにつなげることができるかもしれず、有意義な利用方法だといえるのではないでしょうか。
カードローンは審査申し込みも、融資の相談も気軽に行えるので、まずは銀行や消費者金融に相談してみましょう。
目先のギャンブルなどの目的ではないのならば、キャッシングはとても有意義なものです。

親孝行でカードローンを利用するのはアリ?

現在、親孝行をしてあげている人はどのくらいいるものなのでしょうか?
現在では、普段からお世話になっている両親に何か贈るためにカードローンを利用している人もいるみたいですよ。
中には借金してまでそんなことをしなくてもいい、という人もいますがそれは個人の自由なので構わないと思います。
後日しっかり返済できる人であれば、カードローンを利用して親孝行に使うこともアリなんじゃないかと!


カードローンの目的は自由

これは多くのサイトに書かれていることかもしれませんが、目的が自由なのでなんでもいいと思います。
お金にしっかりしている人であれば、カードローンで好きなことをするのもいいですし、使い道も自由です。
旅行のチケットを購入するとか、いつもよりも少し高価なものを購入してプレゼントするとか。
自分の為ではなくて、誰かのためにカードローンを利用するのもオススメだと思いますよ。


消費者金融よりも銀行?

消費者金融は規制によって、年収の3分の1までと借入が制限されています。
いざという時の為に備えておきたいと言う人は、消費者金融ではなくて銀行の方がいいかもしれませんね。
ちなみに、カードローンの利用限度額は利用状況によって変わるところもあるらしいので、事前にチェックを。

カードローンの返済とブラックリスト

返済とブラックリストの関係性について、気にしている人もいるのではないでしょうか?
カードローン等を利用してその返済をする際に延滞してしまった人も、中にはいたりしますがすぐに登録されてしまうのか。
いいえ、一回だけ延滞してしまったからといって、いきなりブラックリストに登録されることはまずないんです。
だから安心していいのですが、油断したり調子に乗っていると登録されてしまいますから充分注意するように。


カードローンのルールを決めよう

利用するからには、しっかり返済をしなければいけません。
しっかり毎月の返済を行なうには、カードローンのルールを決めるのが良いと思うので考えてみてはいかがでしょう?
いくらまでしかカードローンは利用しない、そう決めておけば返済だって苦にならずに毎月行う事が出来るはずですよ。
まぁ、返せるだろうという甘い考え方はやめて、確実な方法を見つけて決めるようにしてもらえればいいですね。


ブラックリストっていつ消えますか?

消費者金融とか銀行で金融事故を起こしてしまった人が登録されてしまう、ブラックリスト。
いつまで情報が残されるのかと言うと、5~7年なんだそうですがもしかしたら10年ほど消えない場合もあるみたい。
一度登録されてしまったら数年は、金融機関を利用出来ないから大変かもしれません。
ですが、自分が起こしてしまったことなのでこれに懲りたらちゃんと返済するようにして下さいね。

カードローンとクレジットカード

消費者金融が少しずつ身近になってきているみたいですが、総量規制があるという事を忘れないで。
この規制は、自分の年収の3分の1以上はお金を借りられませんよっていう決まりなんですよ。
だから、消費者金融でカードローンを利用するとなった時、もしかしたら借入が出来ない場合もあります。
一方、クレジットカードも対象になっているからこちらも合わせての3分の1なので、気を付けるようにして下さいね。(参照・・・・総量規制の対象とならないカードローン)


カードローンといえば銀行?

上記で話した通り、規制があることによって現在では消費者金融難民が増えているみたいです。
カードローンを使いたくても年収が少ないから使うことが出来ない・・・なんて諦めてしまっている人も中にはいるみたい。
でも、銀行なら対象外になっているから年収の3分の1以上でも借入できるようになっているんですよ。
だから、困っている人は銀行に頼ってみてもいいと思いますが、対象外だからって調子に乗ったりしないでくださいね。


自分の情報が知りたい

審査の時、信用情報について確認されるようになっているんですが、実は自分でも確認できるんですよ。
信用情報機関という場所に連絡をすれば、自分がいつカードローンを利用していつ完済したのか全て分かります。
なので、審査を受ける前には必ず自分で確認しておいた方がいいと思いますよ。

生活に困ったらカードローンに頼ろう

何とかやりくりをしながら生活をしているけれど、赤字ばかりで大変だという人もいるのではありませんか?
カードローンは、生活費の足しにするのもいいと思いますがあまり何度も借入しない方がいいと思いますよ。
何度も繰り返して返済も延滞したりそうじゃなかったりしていると、申し込みをした際に断られてしまう事もあります。
本当に頼らなければいけない時にだけ頼るようにして、それ以外の時はなるべく自分でどうにか出来るところまでの努力を。


カードローン利用しすぎてしまった・・・

中には、借入をしすぎて気がついたら返済額も手が付けられない状態になってしまっていた、と言う人も。
カードローンは便利ですが、だからこそ危険と隣り合わせなのだと覚えておくようにした方がいいです。
もし、返済が出来なくなってしまった場合には、自己破産申告をするしか手がありません。
自己破産をすればしばらくの間は一切金融機関が利用出来ないので、ローンを組んだりすることも不可能になります。


正しく使おう

正しく使う事が一番ですから、むやみに利用するのは避けるべきですね。
消費者金融は年収の3分の1以上になった時点で借入がストップされるから、まだいいのですが怖いのは銀行。
規制対象外だから本来すごく頼もしいのに、カードローンの使い方を誤ってしまうと怖いことになってしまいます。
年収の3分の1に関係なく利用できるからといって、高額の借入はしないように。

子供の為にカードローンを使う

皆さん、どんな時に消費者金融などを頼っているのでしょうか?
自分の為にカードローンを使っている人も多いとは思いますが、最近では子供の為に使っている人も多いのだとか。
養育費として利用している人が多くなってきているとの事ですが、やはり皆さんうまくやりくりしていてもうまくいかないみたい。
でも、そういった使い方はすごくいいのではないかと個人的には思うんですよね。


カードローンは実際に使わないと分からない?

お金を借りるのは比較的に簡単で、返済だって延滞するわけないじゃない!そう思っている人もいるでしょう。
ですが、実際にカードローンを使ってみてわかることだって沢山あるんですよ、だからこそ一度試してみることも大事。
少額の借入をして、返済はこうしてと実際に使ってみてから、勉強するのもいいのではないかと思いますよ。
口でしたいことを言うのは簡単ですが、行動を起こすとなるとなかなかうまく出来なかったりするから不思議です。


自分の返済能力を把握しよう

どのくらいまで借入できるのかという事も大事ですが、自分の返済能力を知ることも大事なこと。
カードローンでいくら借りたら毎月いくら払うのか、返済シミュレーションで確認するのが早いのでぜひ確認を。
消費者金融だけではなくて銀行でも、そのシステムがあるから何度か試してどれが一番自分に向いているのか見極めてみて。